スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |

エスター☆

怖い話とかホラー映画とか

こわいもの全般苦手なくせに

TVでやっててあまりに有名な作品だからってことで

思わず観ちゃったよー!

(怖がりなくせにやっかいな怖いものみたさってやつです。)



エスター





うわーん!怖かったよー!
昼間に観たのに怖かったよー!
うわーん!

主演の女の子、イザベル ファーマンちゃん(当時11歳?)の
9歳の女の子を演じる33歳の精神病患者という難しい役の
演技力がハンパない。

里親先のパパンに誘惑を拒否られた後の
メイクを自分の手でぐちゃぁ〜ってやるところが
一番怖かった…



ホラー映画は怖いので苦手ではありますが、
分かりやすくて(程よいどんでん返しあり)
テンポのよいストーリー展開や
少女・ゴシック・真冬…といった分かり易いモチーフや
巧みでハッとする伏線など
映画作品としては個人的に好きなんだよな。
ただ怖いのを除いては…(←ホラーなんだから怖いのは当然)

きっと主人公が
パーフェクトに可愛いブロンドの女の子だったら、
カジュアルなお洋服だったら、
季節が常夏だったら、
こんなに怖くないはず。

ホラー映画で観ておきたい作品は数あれど
やっぱ率先して借りて観るのは
勇気が出ないなぁ…( ;´Д`)うーむ。

人気ブログランキングへにほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
posted by: peco | peco日記【movie】 | 15:38 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

パルプフィクション☆

2013年観た映画。

パルプフィクション



あれ?観てたっけ?観てなかったっけ?
で、観てみたらなんとまだ観てなかった!


スピーディでハチャメチャで
ジャンクフードのような映画。

クエンティン・タランティーノ監督は
鬼才と呼ばれるだけあって
その作品も賛美両論ですが、
個人的には割と好きなほうです。

でも、何回も観たい!とか
考えさせられた!とかではなく
ジャンクフードみたいに栄養(中身)とか考えず
ぐわぁーって食べて(観て)ゲップして
ごちそうさまでした(=゚ω゚)ノ!
っていう感覚。

毎日じゃ飽きるし体に悪そうだけど
たまにストレス発散に良いかな、って
そんな感じ!

人気ブログランキングへにほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
posted by: peco | peco日記【movie】 | 15:23 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

ペネロペ・クルスの抱きしめたい!

2013年観た映画。

ペネロペ・クルスの抱きしめたい!



大好きな才色兼備の美しすぎるペネロペ様の冠映画、
ずっとレンタル探しててやっと見つけたという。

まあ冠映画ってだけあるから
アイドル的扱いだろうと内容は期待せず
純粋にペネロペさまのキュートさだけを楽しみに鑑賞。


はい。大満足です(=´∀`)人(´∀`=)
キュートでコケティッシュでセクシーな
21歳(たぶん)のペネロペ様満載!

ただ…映画のストーリー的には
主役じゃないーーーー((((;゚Д゚)))))))エェー!

後半本筋のストーリーにはほぼ出てこないし…
タイトルにちと疑問。



でも、大満足!

人気ブログランキングへにほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
posted by: peco | peco日記【movie】 | 15:22 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

ものすごくうるさくてありえないほど近い☆

2013年観た映画。

ものすごくうるさくてありえないほど近い



9.11を発端に失ってしまったものを取り戻そうと冒険に出る少年の話。

2013年観た映画作品で
一番心を動かされたかもしれない!
ストーリーを知った上で
も一度改めて観てみたいと思うほど
好きな作品になりました。


精神的ダメージを抱えた主人公を演じる男の子、トーマス・ホーンくんの
演技力が素晴らしかった!
映画初出演とは思えない!
心をがっちり掴む演技は「実話の本人では?!」と思うほど?(゚Д゚)

この作品を観た時は既に妊娠後期だったこともあり
どちらかというと主人公の親目線て観ていたのだけど、
あまりに主人公(息子)の亡くなった父親へのリスペクトが強すぎて
母親は息子を分かってないふうな立ち位置でヒヤヒヤでしたが
最後の大どんでん返しでホッ(;^_^A

母ちゃん、ちゃんと息子のこと分かってるじゃーん!
息子にもそれ伝わったじゃーん!
あー、母親の威厳保てて良かった良かった…
と、勝手に胸を撫で下ろしたのでした。

んー、自分が似たような立場になった時
息子のことちゃんと分かってあげられるかな。
いざという時には先回りして手を差し伸べてあげられるかな。
と、ちょっと心を試された気分にもなったのでした(;^_^A



パズルのような謎解き
子供→親への愛情
親→子供への愛情
大都会で見知らぬ人と繋がっていく温かさ
改めて考える9.11
PTSDの克服
子供の心の成長

と内容盛りだくさんで、
最後は色々乗り越えた上での明るい未来をみせての終わりで思わずホロリ。

…と書いてるうちにも一度観たくなってきたなぁ(笑)

心揺さぶられる時事ネタ映画を聞かれたら
しばらくは迷わずこの作品を
オススメしようと思います(=´∀`)人(´∀`=)

人気ブログランキングへにほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
posted by: peco | peco日記【movie】 | 15:20 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

ムーンライズ・キングダム☆

2013年観た映画。

ムーンライズ・キングダム

不思議ちゃん系だなぁーと思って後から調べたら
「ザ・ロイヤル・テネンバウムズ」の
ウェス・アンダーソン監督でした!
なるほど、繋がった!

可愛いし色も綺麗だし
シュールなスパイスも効いてて
小洒落た作品。
チビッ子のなんちゃって(本人たちはもちろん本気)駆け落ちが
とにかく可愛らしい(=´∀`)人(´∀`=)

でもただのオシャレ映画に収まらない
濃すぎる毒っ気(テントの中でエッチしそうになるとか)があるから
ファンタジーでは無いのよね。

不思議な世界観は嫌いではない(むしろ好き)けど
あまりに一貫して続く黄味がかった世界に
後半ちょっぴり飽きてしまったのも正直なところ^ ^;







人気ブログランキングへにほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
posted by: peco | peco日記【movie】 | 15:17 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

ミリオンダラーベイビー☆

2013年観た映画。

ミリオンダラーベイビー



スポーツ系サクセスストーリーだと思っていたのですが
ただのハッピーなお話ではなかった!

努力の末の栄光の後の破滅。

主人公の破滅の原因はどこにあるのか。
事故のきっかけを作ったボクサーが直接の原因ではあるけど
そこを責めても主人公が快復するわけではない。
闘病生活が進むにつれてのストーリー展開は
正視できないくらい辛い。

最後は殺人か尊厳死か議論になる終わり方ですが
私は主人公を想う監督の取った行動は
愛のある行為だと素直に受け取りました。



にしても、どうしようもできない
救いようのないお話は、観ていて辛すぎる!
ほんの僅かでもいいから一筋の救いの可能性が垣間見れる作品が
個人的には好きです。

人気ブログランキングへにほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
posted by: peco | peco日記【movie】 | 14:49 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

真夏の方程式(映画)☆

TVで同シリーズ第一話を観てみたものの、
謎解きのシーンがどうもしっくりこなくて
観続けるのを断念したドラマシリーズ。

でもこのお話は原作が好きだったので
映画版だったら入り込めるかも?と思い
レンタルで鑑賞。


真夏の方程式



夏休みの話なので今とは季節真逆ですが
(※映画公開は初夏)
個人的には小説映像化で裏切られなかったパターンでした!
謎の解決シーンもドラマみたく
ヒーローものっぽい演出は無かったのでひと安心(笑)


原作読んだときの世界観(私感ね)と
玻璃ヶ浦の海やさびれた町並みの情景が
ピッタリ重なったので一気に入り込めました。

そして原作読んだときに一番印象深かった
湯川教授と小学五年生の恭平くんとのやりとりが
やっぱりステキ。
実験のくだりは恭平くんが一生忘れる事のないであろう
ひと夏の思い出が美しく描かれてて
微笑ましくもありちょっぴり切なくもあり。



原作読んだときにも感じたけど
このお話はやっぱり切なすぎるなあ…
背負った重い秘密と
その秘密を知りながらも
愛するがゆえに知らないふりをする人たちの絡み合い。

でも。やっぱり最後に恭平くんが背負ってしまった
「ぼく、花火しちゃいけなかったの?」
の結末は、小学五年生が抱えるには重すぎるよー!
恭平くんのこれからの人生がとても心配になる
せつなすぎて煮え切らない結末です…

でも好きなお話。

人気ブログランキングへにほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
posted by: peco | peco日記【movie】 | 11:54 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

Mood Indigo うたかたの日々☆

2013年映画館で観た作品。

Mood Indigo うたかたの日々



フランス人作家 ボリス ヴィアン原作のこの映画。

恥ずかしながら原作は読んだ事なくて
自分の中では90年代に宝島社「CUTiE」で連載されていた
岡崎京子先生の漫画の方が断然馴染みがあるのだけど、
漫画で描かれている不思議な世界観は
当時中学生だった自分にとっては
新しい世界の扉を開いてくれた刺激的なものだったのを
今でもよく覚えています。

そんな、思春期から現在にかけての趣味趣向に
重大な影響を与えたといっても過言ではない(←やや大げさ)
『うたかたの日々』。

どんな映像で描かれているんだろうと
期待半分 不安半分で観に行ったのだけど…

原作が良すぎて映画化でがっかりするという
よくあるパターンに陥る事なく、
ファンタジックで可愛くて
いい感じでぶっとんじゃってる
オシャレ感のある映像でかなりの大満足なのでした!


悲劇の美女、クロエ役がオドレイ トトゥ(35歳)というのが
イメージよりだいぶ年上だったので
(だって、主人公シックの年齢が22歳の設定
=クロエも同じ20代前半の女の子だと思っていたので^^;)
大丈夫かな?と冒頭で余計な心配をしてしまったのだけど、
逆に小娘には演じられないであろう大人が醸し出す可愛さが
これまたいい感じで^^


調べていたら、1968年に同じ原作のフランス映画があるみたいで
こっちも観てみたい!



でもその前に…2014年こそは原作を読むぞー!

人気ブログランキングへにほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
posted by: peco | peco日記【movie】 | 10:01 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

鍵泥棒のメソッド☆

鍵泥棒のメソッド



ここ数年堺雅人さんが主演というとつい
レンタル屋さんで手にとってしまう癖が…^ ^

この作品も期待を裏切られることなく
120%楽しめました!

ちょうどドラマ「半沢直樹」を観た直後だったので
堺雅人さんと香川照之さんという
ドラマと同じ2人の役柄の違いが
更に可笑しさに拍車をかけたのでした。

そして広末涼子さん。
真面目でちょっと根暗な役がこんなにハマる女優さんになるなんて
デビュー当時は思いもしなかったよなぁ…


小気味好いスピード感と笑いの間が
伊坂幸太郎氏の原作?と思いきや
映画オリジナルの脚本みたいです。


堺さん演じる売れない役者 桜井が
香川さん演じる殺し屋 山崎に
殺される演技指導をするシーンで
一人で大笑い!

香川さんみたいな見た目怖い人の真剣なボケは
面白すぎて大好きです(=^ェ^=)




素敵な役者さんが主演されてる素敵な邦画を
2014年もたくさん観たいと思います!

とはいえ、過去の作品でもまだまだ観たくても観れてないものが
たくさんあるのよね…

2013年の大半を占めた妊娠中は
とにかく眠くて眠くて
平日の夜に映画観ることが
できなかったもんなぁ。

あぁ、時間が足りなくてもどかしーい(>人<;)!

人気ブログランキングへにほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
posted by: peco | peco日記【movie】 | 22:24 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

半沢直樹☆

今更ですが。

本当に今更過ぎですが
一大ブームが過ぎてから、今更ながら
全話一気観!

半沢直樹



ああ、やっと世の中の流れに追いついた(笑)

大ヒットの理由が第一話の時点でよーく分かりました。

自分とはまったく縁のない銀行業界の話なんだけど
結局はどの業界も通じるところはあって、
傍目からしてみたらお給料の良い(であろう)イメージで
ハイクオリティな生活がうらやましく思える
『銀行員さん』とか
『銀行員のお嫁さん』とかも
それ相応のリスクを背負った上での賃金なのかな、と思ったり。

名言
「部下の手柄は上司のもの
上司の失敗は部下の責任」
を、部下が愚痴でなく、上司が部下に対して明言しちゃうのとか
凄すぎるよな^^;(ドラマならではだとは思うけど)


前半の大阪編では
信頼のおける部下を育てるにあたっての日頃の接し方とか
取引先さんとの接し方だとか、
細かい部分で非常に勉強になる部分があって
うなずきっぱなしでした!

後半の東京編はもう完全にドラマとしてしか
見れない浮世離れっぷりだったけど、それもそれで面白かった!



これ、続編はいつごろOAなんだろう…
次は絶対にリアルタイムで観て話題についていきたいっ(笑)
posted by: peco | peco日記【movie】 | 19:16 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |